ミラクルブースターNephilim

まるで奴隷のように あなたが寝ている間も、遊んでいる間も記事を更新し続けてくれて、アクセスも集めてくれる…そんな夢のようなシステムが、この手紙で紹介する「ミラクルブースターネフィリム」です。


もちろん記事を書く事は、とても素晴らしい事だと思いますが、もう100年先には、記事を書くという事が珍しくなる時代が来ると予想しています。

ネットの世界は勢いよく進化して、IT技術も日々勢いよく進化しています。


人間の仕事でさえも、ロボットに奪われると騒がれている事は、周知の事実だと思いますが、ブログのコンテンツや、サイトのコンテンツを作る事は、AIの技術があれば決して難しい事では、ありません。


ただ、「サイトコンテンツをAIに作らせよう」という発想が未だに無いだけです。


既に、私のシステム「ミラクルブースター ネフィリムは、 私が寝ている間も、遊んでいる間も関係なしに24時間体制で、サイトのコンテンツを自動で更新して自動でアクセスを増やし、そしてアクセス数に比例して チャリーンチャリーンと報酬を稼ぎ続けています。

ネフィリムは、私にとって眠る事もなく休む事もなく働き続けてくれる優秀な奴隷なのです。


嘘みたいな話に聞こえるかもしれませんが、現実的な話で、今後近い将来、IT市場のコンテンツの殆どが 全て、ロボットやシステムが作成していてもおかしくない時代が到来する筈です。



例えば、オズボーン氏の論文『雇用の未来』の中で、コンピューターに代わられる確率の高い仕事として挙げられたものが以下のリストです。

色々な職業や作業内容が書かれていますが、これらの一覧の職業よりもサイトコンテンツの作成や、ブログの更新程度の作業は、簡単な領域です。


少なからず ニュースサイトなどの情報サイトぐらいであれば、ロボットでもデーターを分析しながら記事コンテンツが作れそうですし、今の市場にあるような玩具のようなリライトツールよりも精度の高いリライト作業は、十分に今の技術でも可能な範囲内ではないかと思うのです。


既に私の愛用しているシステムでは、効率の良い自動更新、そして自動集客を実現していますが、100年先には、「記事を書くライター」みたいなものや、ブログやサイトを今みたいに手動で作る光景は、殆ど無くなり、コンテンツ作りの自動化が当たり前なると考えています。


少なくとも100年先には、手書き文化は、完全消滅していると思います。


もちろん、記事を書く事は素晴らしい事ですが このような状況の中で、記事を書き続ける事よりも 自動化を追求する方が賢いと私は、感じているのです。

そして何よりも、自動更新というスタイルは、人間の不可能な領域に踏み込む事が可能な力を持っています。

つまり人間一人の能力を超える事が可能になる という事なのです。

もちろん手動のコンテンツも自動のコンテンツも、クオリティや戦略で、アクセスと収益性は、天と地の差が開くものです。

例えば大手のニュースサイトのように何十人もの人が記事を書き上げて更新して1日何十万PVも稼いでいるサイトもあれば、その真逆で、何もせずに自動更新され、1日に数千、数万のPVを稼ぐサイトも存在するのです。

もちろん自動なのか人がどこまで時間を割いているのかは、運営者にしか調べようがありませんが、本当に「デキるシステム」は、初回の設定のみで、後は管理作業をしておけば自然と成長していく事が多いです。


こう考えると「自動なら 何をやろうと成功するのではないか?」と思われるかもしれませんが 自動化のプロセスの中で一番重要となる問題は、「どのようなシステムを使うのか?」「どのようなノウハウを参考にしてシステムを扱うのか」これに尽きるのです。


もちろんこれは、自動化の要素を取り入れているからこそで扱う人によっても左右される要素がありますが、根本から重要となるのは、システムや そのシステムの活かし方なのです。


人間はどれだけ 頑張って24時間フルで作業が仮にできても、48時間、72時間となってくれば、必ず限界が出てくるものです。

しかし、インターネット上のプログラムで動作するシステムは、そもそも人間のように体力も集中力も消耗しません。

決められたプロセスを淡々と何時間、何ヶ月でも何年でも こなしてくれるのです。


しかし、ただ動き続けるだけでは 全く意味が無いのです。


正直、動くだけという条件であれば 星の数ほどインターネット市場には多くのシステムが存在するのです。


しかし、そんなものを使っても大きな成果を得る事は、非常に難しいですが、効率良く動くシステムを使えば成果を得るハードルも低くする事が可能になるのです。


つまり、どれだけ努力しても5しか進めない人が10や20という数字を叩き出せてしまうのが自動の仕組みの凄いところです。

今この手紙を読まれている、あなた自身も、

このような言葉が出てくるかもしれません。


その殆どの理由は、過去に 「情報やコンテンツの質が低いものを選んだから」
あるいは、「設置や使い方が複雑で難しいものを選んでしまった経験があるから」という原因が殆どです。


過去に 不本意ながらも、このような期待外れの経験をされた方も多いかもしれませんが 「あなたの実力不足」では、無いのです。


パチンコで言えば、「座った台が悪かった」だけの話です。

パチンコは、運の要素が強いですが、「どの台に座るか」で勝率も変わってくるのです。

設定の良い台に座れば勝率は必然的に高くなる一方で設定の悪い台に座れば負ける確率が高くなるのです。


これと同じで、ビジネスも「何を使うか」で結果は、大きく変わるのです。

どうやっても「うまくいかない」「うまく稼げない」というシステムやノウハウが存在する中でも、殆ど何もせずに 毎日のようにアクセスが増えて報酬が増え続けているような、サイトシステムも存在するのです。

パチンコで たとえて言えば、いわゆる「高設定の台」のようなものです。

こう聞くと失敗続きの人にとってみれば、後悔の念しか出てこないかもしれませんが、あなたは、超ラッキーだと思います。

なぜなら、中途半端なシステムで、中途半端に稼いで、ハマっていると私とあなたの出会いも きっと無かったと思うからです。

あなたも、このように思いますよね?


「できるだけ高設定の台に座りたい」と。

負ける台に座ってお金ばかり擦り続けるよりも勝てる台に投資して、今までの負けも全て取り戻したいと。

しかしそういった高確率の台の基準についても分からないような人が台を作っているとすれば、幾ら台を選んだところで、結果など、なかなか出せないのです。

私が、「ミラクルブースター」を 公開する理由は、「あるスマートフォンサイト」を構築し、あなたに今までにない、「感動」と「衝撃」そして「喜び」を体験し、「一握りの勝者」になって頂きたいと考えています。


もちろん この考えは、ミラクルプースターを活用したスマホ特化サイトを運用すれば、非現実的な話でも全くないのです。

ご挨拶が遅れて申しわけありません。

岸本弘と申します。

この手紙では、収益型スマホ特化サイト構築システム、ミラクルブースターネフェリムについてお話します。

確かに冒頭では、「何だか胡散臭いな」と 思われた人も多いと思うのですが、これは嘘でも偽りでもありません。

正直言いますが、このミラクルブースターは、ネット上に数ある、「自動更新サイト」の中では市場の中で最もクオリティの高い機能を揃えたシステム、およびノウハウだと私は認識しています。

なぜなら 一般のアフィリエイト系のシステムでは、ほぼ類を見ないような「さらに加速を高める為の他力本願機能」を盛り込んでいるのです。

記事を書かなくても自動で更新され、自動でアクセスが日々増え続けて報酬が右肩上がりに増え続けた理由は、まさに「ミラクルブースターネフィリム」の機能が、無ければ成り立たなかったのです。

 もちろん運営が長いからと言われれば、言い返す言葉もありませんが、一つ今回の配布用のミラクルブースターのテストサイトでのアクセスは、7月22日に設置してから 殆ど何もしてませんが このようなアクセスも記録しています。

今、この手紙を書きながらテストサイトのアクセス数が 目に入ったので紹介しますがご覧のように稼働開始から3日程度で100アクセスを超えている事が分かります。

ただ、こういった事も、仕組みを考えれば、十分にあり得る話で、珍しい事では、無いのです。


しかし、「毎日記事を更新しても 1日のアクセスは1000未満」
という程度の人からすると衝撃的だと思います。

何もせずに適当に設置と設定をしただけの説明用のサイトで いきなり100とか集まるわけですから馬鹿みたいな話です。


今回公開する、ミラクルブースターは、いきなり設置をした瞬間に爆発的なアクセスが転がり込んでくる保証などもありませんが 設置、設定を終えてしまえば 自動更新され自動でアクセスが増やす事が可能な仕組み、機能、ノウハウなのです。

このテストサイトも特殊な事は、何もしてません。

ただ、設置と設定をしてテスト的に稼働させてみただけです。

もちろん、タイミングなどの要素もあるかもしれませんが、これが私であっても 今読まれているあなたであっても、同じタイミイングで 同じ場所で稼働していれば ほぼ同じ結果を得られていた筈です。

なぜなら私は、機械的な処理が殆どなので あなたが同じタイミングで同じように設定さえしていれば 全く同じ結果だったと言える筈です。


「まさか こんな事が…」と 記事を書く事を当たり前と思っている人からすれば、信じられないかもしれませんが、いよいよ そんな現実を受け入れる瞬間が訪れようとしているのです。

 
多種多様な報酬がありますが ミラクルブースターを活用すれば 様々なキャッシュポイントの存在する事実が見えてくるようになると思います。

ただASPに登録して報酬を稼ぐだけ…と想像している人も居るかも分かりませんが、それだけでは、無いのです。

そういった王道とも呼べる当たり前の事を否定するわけでは、ありませんが WEBコンテンツの稼ぎ方も 一部の市場では、進化しているのです。

実は、多くの人が、気づいてない収益化についても、ミラクルブースターでは、こっそり教えるつもりです。

もちろん1つのサイトで自動運営で、毎月のように ここまでの収入を確立する事は、難易度が高いですが 1つのサイトで数万円~10万円前後ぐらいの月収であれば、現実的な話だと思うのです。

これは私の話ではなく、素人さんや初心者さんが運用を開始すると考えた場合でも 「一定基準を超えたシステム」であるならば、ほぼ皆に平等のチャンスと結果が約束されたようなものでは、ないかと考えても良いでしょう。


仮にミラクルブースターネフィルムを運用した場合 どのぐらいの作業と時間で設置をして実稼働できるのか?少しここで、実際にミラクルブースターネフィルムが、どの程度のものなのか理解して頂く為にも、1つのコンテンツの稼働までのプロセスに掛かる時間をシュミレーションしてみます。

1つのシステム設置に掛かる時間は、マニュアルを読みながら取り組んでも30分程度。
※サーバー契約やドメイン取得時間を含まない。

余裕をもたせて初心者レベルの人を想定して1時間と考えます。


1時間で作成して定期的な管理作業を交えても月間にして数時間程度の時間さえあれば、運用が可能です。

これも多く見積もって歯切れよく9時間程度と仮定してみます。

9+1=10時間

10サイトの場合=100時間

月間にすると100時間÷30日 =約3,3時間
程度という事になります。


もちろん設置で1時間という数字は かなり余裕を持たせていますし、作れば作るほど作業時間も短縮する事が可能ですので、この算出した数値は、稼働させるだけなら、さらに大幅(半分以下)に縮める事も可能なのです。


仮に10のサイトを運用すると考えても十分、片手間の副業感覚でも可能な範囲内なのです。

漠然とこのような数字を見ても何も感じない人が殆どだと思いますが少し考えてみください。

一つのサイトで仮に月間5万円と仮定した場合、10時間を月間消費したと考えれば、5万円÷10時間=5000円。

単純に「時給5000円」という収益を発生させる事になるのです。

あなたも聞いた事がある筈です。

「これからの時代は、スマホアクセスが全て」だと。

しかし、そのブログやサイトの多くは、毎日のように記事を書き続けて毎日のようにGoogleの検索結果を見て、ヒヤヒヤしながら稼ぐスタイルが殆どです。



もう、検索エンジンのアルゴリズムが定期的に変わって更新されて順位が変動する事は、10年以上も前からきまっていた事なのです。

よくSEOという言葉を耳にしますが 検索エンジンしか頼りにしないからこそ 検索エンジンにビクビクしながらクオリティの高い記事を何時間もかけて作らないといけないのです。

しかし検索エンジンの動向が変わって順位が落とされてしまえば そういった記事も ただのネット上のチリと何ら変わらなくなってしまうのです。

もちろん記事をリスクの高いネットビジネスを学ぶ為に時間をかけて学んでも全く意味がないという事が、私の考え方でもあるのです。


私は、検索エンジンに依存する事が嫌で嫌で仕方ないからこそ 別方向の視点でコンテンツの収益化を追求し続けてきたのです。

そして追求して完成したものこそが、今回のミラクルブースターです。


この手紙でお伝えするミラクルブースターは、そういったものとは、完全に真逆のものなのです。


なぜなら、検索エンジンの意識は、殆どせずに、


記事は書かない

文章力も問われない

毎日更新しなくても良い



……という、3拍子揃った非常識とも言えるコンテンツであり、そんな非常識な条件が揃ったコンテンツでも十分に通用するジャンルのサイトなのです。

例えば、一般的なアフィリエイトサイトの場合は、記事ネタを決めて、キーワードを意識して訪問者の事も考えながら 平均2000~5000文字程度のコンテンツを作らなくてはいけません。

今のGoogleは、ユーザビリティを重視しています。

内容も、誰が書いてるのか?という点もジャンルによっては重視されてきているのが現状です。

しかし、私達の市場では、そういったGoogleの方向性は、殆ど関係が無いのです。


毎日記事を書き続けて、満足するアクセスを得られない人からすると「そんな旨いジャンルがある筈がない」と言われるかもしれませんが この手紙を書いた理由の一つは、そんな「旨そうな話が現実的に存在する」という事を伝える為でもあるのです。

しかし文章不要、記事更新不要、セールス不要で成り立つ収益サイトと聞いても、信じられないかもしれませんが、「ある分野」では、当たり前です。

その分野が何なのか?というと 「アンテナサイト」です。



アンテナサイトとは、まとめサイトをさらにまとめたようなサイトです。

「聞いた事がある」と思われる人も多いかもしれませんが、アンテナサイトと一括りに言っても様々な種類が存在します。


例えば、ジャンル一つ取ってもそうですし、サイトの仕様や仕組み一つ取っても言える事です。


パッと見た感じ同じようなものでも 実は、サイトによって仕組みや構成が全く違うのです。


これはワードプレスのサイトテーマが複数存在するのと全く同じです。

子供騙しのようなアンテナサイトもあれば しっかりとPVを増やす事に重点を置いた構成のサイトも数多く存在するのです。

そしてアンテナサイトというのは、スマホユーザーの多くが利用しているのが今の現状で、需要の高さは、ここ最近も増え続けているのです。

まずアンテナサイトの需要が高い理由の一つは、スマートフォンの利用者が急激に増加し、アンテナサイトの利用者が増加したという背景があるという事と、もう一つは、パソコンユーザーとスマホユーザーの閲覧環境の違いによってクリック率の向上が見込まれているからです。。


今では、「PCは持ってないけど スマホでネットを利用している」というユーザーが非常に多いのです。


今までは、ネット=パソコン でしたが スマホの普及に伴い、ネット=スマホ に変わりつつあるのです。

例えば以下のような調査結果も2018年に出ています。


引用元 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30954390V20C18A5EA4000/


昔は、パソコンといえば高額で(今でも高いですが)若年層の間では、所有率も低かったのです。

しかしスマホが当たり前になり、性能が向上する事で今までのガラケー時代を遙かに超えてパソコンと変わらない程のネット体験をできるようになったのです。

上記の調査結果でも分かるように、ネット利用機器を年齢階層別にみると、20~40歳代はスマホが8割超で6割台のパソコンを大きく上回り、50歳代はスマホが64.7%、パソコンが63.0%で拮抗。60歳以上になるとパソコンが最も多くなるということで、どんどんスマホが増加しているのです。

つまり、一昔前では参入していなかったような若年層も当たり前のようにインターネットを利用するようになっているので スマホユーザーが増えていますが全体のITユーザー数自体も軒並み増えているのです。

そしてPCユーザーよりもスマホユーザーのアクセス数が多いというだけでなく、PCユーザーよりもスマホユーザーのアクセスの方が「お金になりやすい」という特徴もあるのです。

広告のクリック率も広告の成約数もパソコンユーザーとは、比較にならない収益性なのです。


例えばクリック広告一つ取っても、パソコンユーザーよりもスマホユーザーの方が圧倒的にクリック率が異常に高いのです。


これはPCモニターで表示されるサイトの構成とスマホで表示されるサイトコンテンツの違いによるものです。

特定商法に関する表示


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hayabusa/public_html/saito1.hayabusa.mobi/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hayabusa/public_html/saito1.hayabusa.mobi/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hayabusa/public_html/saito1.hayabusa.mobi/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す